住宅購入時にかかる費用を調べておく

住宅を購入する際には、住宅購入以外にもたくさんの費用がかかることを理解しておきましょう。
よく知られている費用としては、印紙税や手数料、税金があります。

保証料はそれらの費用の中でも高額になります。
また、よく知られていない費用としても多くの費用がかかるので、ここで紹介しておきましょう。
マイナーな費用についてもしっかりと検討しておいたほうが、予期せぬ出費を避ける事ができます。
住宅を購入するのは一大イベントでしょう。
そのためより良い住宅を探したり、いい場所を探したりするかもしれません。
予算との兼ね合いから不動産会社と話し合いをすることもあるでしょう。
また、住宅購入すると慣れば住宅ローンを組むという場合がほとんどです。
住宅ローン(http://housing-loan.jp/)を組むために銀行に行ったり、必要な書類を集めたりする必要があります。
このように住宅を購入するためには多くの時間を要するのです。
この時間も思わぬ費用かもしれませんね。
休みの時間を利用して住宅ローンの検討をするわけなので、あまりにも時間をかけても良くないかもしれません。
不動産を取得する際には、不動産取得税という税金がかかります。
これは地方税になりますが、基本的には4%の税率になっています。
2500万円で住宅を購入した場合には、100万円も税金を払う必要があるのです。
しかしこの取得税には様々な減税措置があるので、確認しておきましょう。
わからないことは税務課に確認するようにしましょう。

住宅ローンを借り入れた事例

ここでは住宅ローンを借り入れた事例を紹介していきましょう。
30代の男性は年収が800万円ということもあり、4200万円の住宅ローンを25年返済で借り入れることにしました。
職業上退職が早いということで、なるべく早く返済したいという気持ちがあったようです。
毎月の支払額は12万円ほど、ボーナス時には25万円ほどになります。
契約時にかかった費用は100万円ほどとなりました。
年収800万円ということで、比較的余裕を持ったプランになっているでしょう。
自営業を営んでいる30代の男性は、土地を相続によって持っていたので、3000万円ほど借りて住宅を購入したいということを考えていました。
しかし年収が300万円ということもあり、審査に通過することができなかったようです。

年収が300万円の場合には、1800万円ほどが借入金の上限になるでしょう。
そのためこの男性は1800万円の条件を飲んで、借り入れをすることになりました。
変動金利を選択することで、金利を低くすることにしたようです。
毎月の返済額は9万円ほどです。
年間の返済額は100万円ほどになります。
諸費用としては80万円かかりました。
会社員の30代の男性は、年収が650万円でしたが、これからまだ給料が上がるということが予想できたので、住宅を購入することにしたそうです。
年収が650万円であれば、4500万円ほど借り入れることができますが、男性は余裕を持って3800万円の借り入れにすることにしました。
毎月の返済額は12万円で、ボーナス時には18万円になります。
返済期間は30年にし、全期間固定金利型の住宅ローンを選択しました。
手堅い住宅ローンの組み方といえるでしょう。
20代の男性は、会社を経営していました。
今後会社の規模も上がり、収入も多くなるということが予想されるので、住宅を購入することにしたようです。
前年度の収入は500万円ということで、3000万円の借入金を希望したそうです。
審査はギリギリで通過することが出来ました。
毎月の返済額は85000円。
ボーナス時には13万円になります。
まだ20代ということで、余裕を持って35年返済を選択したようです。

新着情報

◆2014/02/24
住宅購入時にかかる費用を調べておくの情報を更新しました。
◆2014/02/12
当HP運営兼管理している管理人情報を新規投稿しました。
◆2014/02/12
コンタクトフォームを新規投稿しました。
◆2014/02/10
建築物の合法性を新規投稿しました。
◆2014/02/10
団体信用生命保険への加入が条件になることが多いを新規投稿しました。